ネズミ

11月11日はチーズの日

毎年11月11日は、チーズ普及協議会と日本輸入チーズ普及協会が制定した「チーズの日」です。
1992年に制定されて以来、毎年イベントが開催されるなどして広く認知されつつある記念日です。
歴史は数千年とも言われていますが、日本で初めて製造されたのは西暦700年の10月。

「右官史記」という記録によれば、文武天皇が全国に使いを出し、「酥(そ)」と呼ばれるチーズに似た発酵食品の製造を命じたという記録があり、旧暦10月は現在の新暦になおすと11月になるため、11月の中でももっとも覚えやすい11日がチーズの日とされました。
ヨーロッパや中東地域では紀元前数千年前から既に製造されていましたが、日本には中国を経て伝わったものと考えられています。
チーズという言葉はまだ無かったので、当時は乳を煮詰めた「酥(そ)」という発酵食品が伝わったのではないかと考えられています。

当時から濃厚な旨みとほんのりとした甘さが感じられる食品として知られており、貴重な食品の一つに数えられていたようです。
チーズの日には試食や販売をメインとしたイベントが開催されます。
会場に複数のブースが設けられ、その間を移動しながら試食用に用意されているものを味見しつつ、気に入ったものを販売用の中からを選んで回るというスタイルになっています。

ヨーロッパ各国をはじめとする世界中のものが集められ、200種類以上の個性豊かなチーズを目にすることができます。
もちろん会場内でチーズに関する疑問があれば相談することもできますし、会場ではワインも同時に販売されているので、ワインを飲みながら一緒にテイスティングすることもできます。
チーズは味わいや香り、食感など奥深い魅力を持つ食品です。
会場内には相談カウンターなども設けられ、それぞれの種類にあわせたレシピなどが配布されているほか、実演と試食コーナーなどもあるので、ぜひ11月11日はイベント会場へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

Copyright(C) 2013 栄養価が高い乳製品 All Rights Reserved.